仏花や供花の定期便があるサブスクはどこ?1000円台で月命日に宅配してくれるサービスを紹介

近年お墓参りに行く人が減少する反面、故人を悼む気持ちを忘れまいと、家庭のお仏壇に花を供える人が増加しています。

仏壇に花を供えると、心が落ち着いて穏やかな気持ちになれますが、生花を毎回用意するのは大変です。

ハナ

仏様への気持ちは大切だけど、仕事や生活に追われているとなかなか忘れがちになりやすい習慣だよね…。

あん

仏花・供花の定期便なら毎月決まった日に届けてくれるから、忘れず仏壇に飾れるよ!

そこで今回は、仏花や供花の定期便があるサブスクはどこなのか、分かりやすくまとめてみました。

継続利用しやすいよう1,000円台で月命日に宅配してくれるサービスも紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

初回限定50%OFFキャンペーン実施中!

【クーポンコード:teiki50】

\ まずはクーポンだけもらう /

目次

仏花やお供え花の定期便があるサブスクはどこ?

サービス仏花料金(税込)花の本数保証
HanaPrime1,500円〜10本〜再送
HitoHana
色指定
1,650円〜5〜22本交換
Miraflora1,200円〜6〜7本交換
HanaMarika12,161円〜※記載なし交換
青山フラワー
マーケット
2,750円/回〜記載なし再送
※まとめて支払いの料金です。

さっそく仏花やお供え花の定期便があるサブスクはどこなのか調査した結果、5社ありました。

いずれも仏花に相応しい商品を届けてくれる定期便サービスですが、いまHanaprimeでは初回半額キャンペーンを実施中!

仏花を提供しているサービスの中でも、ここまで破格料金でお試しできるサブスクはHanaprimeだけ!

もちろんHanaprimeは、2つに分かれた対の状態で届けてくれるから、初めての人でも簡単に左右対称の一対で生けやすいよう工夫されています。

仏花・供花のサブスクでどこにしようか迷っている人は、とりあえずHanaprimeを選択しておいて損はありません。

その他サービスは、ニーズをきっちり分けたプランが特徴的です。

それぞれのサービス内容について詳しく知りたい人は、次でさらに深く掘り下げていきますので、もっと仏花を身近に感じていただけますと幸いです。

初回限定50%OFFキャンペーン実施中!

【クーポンコード:teiki50】

\ まずはクーポンだけもらう /

仏花やお供え花の定期便はHanaPrime(ハナプライム)がおすすめ

HanaPrime
引用先:HanaPrime公式サイト
プラン料金(税込)/回内容配送方法
お供え花プラン1,500円
3,000円
5,000円
10,000円
10本(約25cm)
14本(約35cm)
18本(約40cm)
30本(約55cm)
宅配

仏花やお供え花の定期便を選ぶなら、HanaPrime(ハナプライム)がおすすめです。

HanaPrimeでは白や紫を基調とした上品なデザインが多く、仏花だといわれなければ、そのまま楽しむことができます。

プラン料金によってボリュームや種類、大きさが変わるため、ご家庭の仏壇サイズに合わせた花を選択しましょう。

HanaPrimeは花の状態が良いと人気のサービスですが、長持ちさせるためには届いた後のケアも大切。

花が届いたらまずは水揚げをして、HanaPrimeの仏花を生けてみてください。

2つに分かれた対の状態で届く

HanaPrime(ハナプライム)の仏花・お供え花定期便は、届いた時から2つに分かれているため、対で生けやすくなっています。

仏花は2つで一対となり、仏壇の左右に置いた花立(はなたて)に供えるのが主流です。

花立(はなたて)とは、仏花を供える花瓶で、仏の慈悲を表す仏具。

ひとまとめで届くと分けるときに茎が絡んでしまいますが、最初から対でわかれていると水揚げの処理がしやすくなりますね。

ふとした作業で花自体を傷める心配がないので、長持ちします。

仏壇が小さく置き場所がないというときには、花立を一つにしても問題ありません。

仏さまを悼む気持ちのほうが、大切です。

初回50%OFFで1000円以下の最安値

いまHanaPrimeでは、初回50%offで利用できるキャンペーンを開催しています。

たとえば1,500円コースを申し込んだ場合、750円になります。

仏花やお供え花の定期便サービスを提供している業者は多々ありますが、1,000円以下で利用できるのはHanaPraieだけ!

初回限定サービスだからこそ、気軽に試しやすい利点があります。

キャンペーン終了時期は明記されていないため、お得を逃さないよう、少しでも気になっている人は今すぐの利用がベスト!

利用したいと思った時にすでに終了していた…なんて後悔をしないためにも、最安値で体験できるこの機会を使って、ぜひ定期便をはじめてみてください。

初回限定50%OFFキャンペーン実施中!

【クーポンコード:teiki50】

\ まずはクーポンだけもらう /

仏花やお供え花の定期便は目的に合わせて探そう

ここからは仏花やお供え花を目的に合わせて探したい人に向けて、消費者ニーズを熟知している4つのサービスを紹介していきます。

届いたお花で故人を思い出し、花を供えることで思い出を意識して明日への活力にしましょう。

HitoHana(ヒトハナ)なら色味の指定ができる

HitoHana
引用先:HitoHana公式サイト
プラン 料金(税込)/回 配送頻度
2〜4本 990円

毎週

2週間に1回

月1回

5〜8本 1,650円
8〜10本 2,200円
9〜13本 2,750円
11〜14本 3,300円
14〜18本 4,400円
19本〜22本 5,500円

HitoHana仏花専用プランを提供していませんが、色味を指定することで仏花・お供え花として使用可能です。

しかも1,650円プラン以降は、無料の通常配送だけでなくクール便(+220円〜330円)の対応もしてくれるので、花が萎れやすい夏場でも安心して注文できます。

とはいえ種類が選べないと、法事に相応しくない花が届くのではないか心配する人は多いのではないでしょうか?

ハナ

一般的に棘のあるバラやアザミ、匂いの強いユリなどは仏様へ供えるのに不向きと言われているよね。

あん

白や紫などの落ち着いた色は、仏教で高貴な色とされているから仏壇に飾られることが多いよね。

じつは仏花を供えるにあたって色や花の種類にルールはないため、供養方法としては故人の好きなカラーを飾ってよしとされています。

HitoHanaでは、以下8パターンの中から花の色が選択可能です。

HitoHanaで選べるカラー
  • おまかせ
  • ホワイト&グリーン
  • レッド
  • イエロー&オレンジ
  • パープル
  • ブルー
  • ブラウン
  • ピンク

ホワイト&グリーンやパープルで注文すると仏花に相応しい花を手軽に用意できますし、故人が好きな色を仏壇に供えて、対話を楽しむように供養するのも悪くありません。

夏場の法事で新鮮な花を供えたい人や故人にあわせた仏花を用意したい人は、ぜひHitoHanaならではのサービスを体験してみてください。

\ 色で仏花を選ぶならコチラ /

Miraflora(ミラフローラ)は1000円台でコスパ最強

Miraflora
引用先:Miraflora公式サイト
月1回プラン料金(税込)送料花の本数
仏花の定期便1,200円900〜1,400円6〜7本
仏花の定期便 一対2,400円900〜1,400円12〜14本

1,000円台で注文できるコスパ最強のMiraflora(ミラフローラ)は、価格重視で選びたい人に適したサービスです。

ミラフローラで取り扱っている花は、なんといっても全体的に丸いフォルムで可愛い仕上がりが特徴的。

配達は基本的に毎月第4土曜日となっているのですが、多少の融通は利くので安心してください。

ただし花の鮮度が落ちる月曜日の配達はしていないので、注意が必要です。

申し込んでからの到着も早く、価格を安く抑えながら品質に安定のあるサービスを提供してくれていますよ。

HanaMarika(ハナマリカ)なら月命日に届けてくれる

コース名料金サイズcm
(高さ×幅×全長)
空コース 3ヶ月:12,161円
6ヶ月:24,323円
12ヶ月:48,645円
25×22×50

星コース 3ヶ月:18,273円
6ヶ月:36,545円
12ヶ月:73,089円
40×30×55
虹コース3ヶ月:33,000円
6ヶ月:66,000円
12ヶ月:132,000円
59×54×70

HanaMarika(花まりか)は、月命日に仏花・お供え花を届けてくれるサービスです。

月命日とは、故人が亡くなった日のこと。

月命日に花を添えることで、いつまでも忘れないよと、故人を思い出すきっかけになります。

花まりかは他サービスに比較すると少々高めの価格帯ではありますが、花のボリュームは断トツ

注文の時に「和風な感じで」「明るめに」などと相談に乗ってくれるので、故人を悼みたい遺族の気持ちに寄り添ったサービスを展開しています。

大切な人を亡くしてふさがりがちな心を癒してくれるHanaMarikaは、心に空いた穴を優しく埋めてくれる素敵なサブスクです。

ぜひHanaMarikaを利用して、月命日に花を供えてみてください。

青山フラワーマーケットは鮮度が高い

コース名税込料金/回目安の長さ
お供え一対 ホワイト コース2,750円20〜30cm
お供え一対 カラード コース2,750円20〜30cm
お供え Mホワイト コース3,850円35〜40cm
お供え Mカラード コース3,850円35〜40cm

青山フラワーマーケットは、農家が集まって出来たファーマーズマーケットの花屋さんがベースになっているため鮮度が高い特徴があります。

若手生産者が多いため、しっとりとした雰囲気を漂わせる大人なアレンジの仏花で、現代ニーズを見極めたサービスを取り揃えています。

配送頻度は、7日間隔/10日間隔/14日間隔/21日間隔/月1回から選択可能。

全国的に実店舗を展開しているからこそ、安定した品質で届けてくれる手厚いサービスが魅力的なサブスクです。

実店舗を訪れたことがある人なら、花が届いたときに青山フラワーマーケットならではの世界観や空間を味わえるはず。

故人への想いを枯らすことなくお供えしたい人は、ぜひ高品質な花を届けてくれる青山フラワーマーケットをご検討ください。

仏花やお供え花は定期的に宅配してもらうのがベスト

毎月決まった日に仏花やお供えの花を用意している人は、定期的に宅配してくれる花のサブスク利用がベストです。

仏花を定期便にするメリット
  • 実店舗に足を運ぶ必要なく時間に余裕ができる
  • 花の鮮度を保った状態で受け取れる
  • 一対で届けてくれるから生けやすい

ナマモノである花は、鮮度を考えて店舗で直接商品を見て購入していた人が多いと思います。

しかし実店舗へ足を運ぶため、忙しい合間で営業時間にあわせたり、つい行くのを忘れてしまったり大変な思いをしてきた人は多いのではないでしょうか?

そうした悩みに寄り添ったサービスとして誕生したのが、花の定期便です。

当サイトでは仏花を取り扱っている定期便を5社紹介してきましたが、いずれも独自のサービス展開をしており、利用者に合わせた選択ができるようになっています。

ハナ

いろんなサービスがあるから金額を重視したり、花の色で考えたり、色々な選択ができるね!

あん

月命日に届けてくれるサービスもあるから、いつまでも故人を忘れず過ごせるよ!

この機会にぜひ、仏花を定期便で生活にとりいれてみてはいかがでしょうか?

初回限定50%OFFキャンペーン実施中!

【クーポンコード:teiki50】

\ まずはクーポンだけもらう /

まとめ

今回は仏花や供花の定期便があるサブスクはどこ?と題して、1,000円台で月命日に宅配してくれるサービスを含めて紹介しました。

仏花やお供え花の定期便があるサブスクは5社ありましたが、なかでもHanaPrime(ハナプライム)は初心者でも生けやすいよう配慮した花を届けてくれます。

しかも今なら初回50%OFFキャンペーンを実施しているから、どこよりも破格でお試し可能!

仏花の定期便を始めようかどうしようか踏みとどまっている人は、ぜひこの機会で一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

自分自身で仏壇にお花を供える習慣づけは難しいですが、定期的に花が届くことで自然と身についていきます。

どのサービスもそれぞれに特徴があるので、必要なところを見極めて上手に使ってください。

仏壇に毎回花を供えることで故人を想い、気持ちが和らぎます。

仏花を供えることは、今を生きている人が思い出を楽しむ時間でもあります。

この機会にぜひ、仏花の定期便を申し込んでみてください。

初回限定50%OFFキャンペーン実施中!

【クーポンコード:teiki50】

\ まずはクーポンだけもらう /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる